1. TOP
  2. 食事制限、筋トレ不要!ダイエットの本当のヒミツは〇〇にあった!!

食事制限、筋トレ不要!ダイエットの本当のヒミツは〇〇にあった!!

 2017/01/12 ダイエット法
この記事は約 9 分で読めます。 859 Views

ダイエットというと、極端な食事制限をしたり、

筋トレしないといけないと思っていませんか。

こんなことは、全く意味がありません。

 

誰にでも出来るもっと簡単で確実な方法があります。

その方法をあなたに教えます!

 

あきらめる必要はありません。

挫折を経験したあなたにも出来る方法です。

最後まで読んでいただければ、あなたの人生が変わります。

 

なぜ太るのか

その前に、人はなぜ太ってしまうのか、

肥満の原因について簡単にご説明します。

肥満の元になっているものが脂肪であることはご存知と思います。

 

脂肪は中性脂肪と呼ばれ

皮下脂肪と内臓脂肪の2種類あります。

この2種類の脂肪を総称して、体脂肪と言います。

 

肥満は、この体脂肪が通常の状態より

過剰に身体に蓄積された状態のことです。

 

ダイエットというと、体重を気にされる方が多いですが、

ダイエットの本当の目的は、体重を減らすことではなく

体脂肪を通常の状態に戻してやることです。

 

体脂肪を増やす食べ物はなんでしょうか。

脂肪のイメージはお肉を連想しますが、

また、食の欧米化によって肥満になる方が

多いと思われています。

 

しかし、これは間違いで、

食の欧米化による肥満率というのは、

以前とそれほど変わっていません。

 

日本人の場合は、もうご存知と思いますが、

炭水化物と糖類です。

三大栄養素の中の糖質になります。

 

三大栄養素は、脂質、糖質、タンパク質ですが、

それらを含む主な食材は次のものです。

脂質:脂肪の多い肉類、バターなどの乳製品、ナッツ類など
糖質:ご飯類、パン類、麺類、お菓子類など
タンパク質:肉類、魚類、卵、納豆、豆腐など

 

日本人の主食のご飯、そしてパン、メン類など、

みんな好きなお菓子

これらの糖質の取りすぎが肥満の第一の原因

となっています。

 

栄養素の取り方

じゃあ、ダイエットするには糖質を取らなければ良いのか。

ということになりますが、

そうではありません。

 

糖質は三大栄養素の一つであり、

身体活動や脳の働きに使用される栄養素で、

欠かすことは出来ません。

 

ではどうすれば良いのか。

結論を言えば、栄養の取り方を工夫すれば良いのです。

 

肥満の元となっているのは、中性脂肪ですが、

この中性脂肪の作られ方にカギがあります。

 

食事によって血液中に糖が過剰に入ると、

血糖値が急激に上昇します。

血糖値が急激に上昇するのは、身体に良くありません。

 

そこで、インスリンというホルモンが分泌され、

血糖値の上昇を抑えますが、

その方法としてインスリンは、

血液中の糖をグリコーゲンに変え筋肉や肝臓に蓄えます。

 

しかし、筋肉や肝臓に蓄えられるグリコーゲンの量には限界があり、

余った糖は、全て中性脂肪として

脂肪細胞に蓄積され体脂肪となります。

 

このように、食べ過ぎにより血液中に糖が過剰に入り、

血糖値の急激な上昇による

インスリンの過剰な分泌によって

体脂肪が作られるのです。

 

したがって、体脂肪を作らないようにするには、

インスリンが過剰に分泌されないように

すれば良いので、そのためには、

血糖値を急激に上昇させなければ良いのです。

 

 そのような方法があるのでしょうか?

 

実は、あるんです!!

 

それが、GI値と呼ばれる数値です。

GI値とは、

食材による血糖値の上昇のしかたを数値で表したものなのです。

 

そう、血糖値の上昇のしかたは、食材によって違うのです。

 

したがって、血糖値の急激な上昇を抑えるには、

GI値が高い食材を避け、

GI値が小さい食材を選んで食べれば良いのです。

ただこれだけです。

 

下記のアドレスにGI値が公表されていますのでご覧ください。

http://www.nice-body.jp/diet/insulin_diet/insulin_diet_gi_b.html

ここでの数値は、ブドウ糖を100とした場合の数値となっています。

何を基準にするかによって数値が違ってくるようです。

 

「低インシュリンダイエット」を推奨されているHSL健康科学研究所所長の永田孝行氏によると、

上記GI値表では、GI値が60以下の食材をなるべく摂取するよう勧められておられます。

 

上記のGI値表によると、

一番の高GI値食品は、砂糖類、お菓子になっています。

やっぱり甘いものはダメなんですね。

 

そして次に高GI値食品としては、

穀類、パン類、めん類などに要注意食材がありますね。

 

以前は、肥満の原因と思われていた肉類が全てGI値49以下となっており、

食べ過ぎなければOK。

魚介類は全てOKとなっています。

 

ダイエットするためには、

食材を高GI値食材のものから

低GI値食材に切り替えるだけで良いのです。

 

日本では、GI値についてはまだなじみが薄いようですが

欧米では重要視されており、研究も進んでいるようです。

 

先日スーパーでGI値が表示されているチョコレートを

見つけましたのでご紹介します。

 

北海道大学病院の先生が監修されて作られたチョコなんですね。

パッケージの表の一番目立つところに、

血糖値と大きく書かれています。

こんなチョコ、初めて見ました。

 

パッケージの裏の表示はこのようになっています。

 

左上の部分を拡大したのが下の写真です。

このチョコレートには、砂糖が使われておらず、

アガベ糖というのが使用されており

砂糖とのGI値が比較されています。

 

その右にはGI値について書かれています。

 

箱の側面には、血糖値とアガベ糖について書かれています。

 

チョコレートのパッケージに、血糖値やGI値について

大学の先生の監修付きで、書かれているなんて

始めてみました。

 

日本でもGI値の重要性が認識されるようになった

ということではないでしょうか。

日本では、GI値が表示された食品は

まだまだ少ないですが、ぜひ探してみてください。

 

 

皆さんよくご存じと思いますが、

栄養素は、バランス良く取ることが大切ですよね。

 

ダイエットに限らず、食生活に大切なのは

栄養のバランスを保ちながら

広く低GI値食品を摂取することです。

 

でもそうは言っても

忙しい毎日を過ごしている私たちにとって

なかなか難しいのも事実です。

 

そこでオススメなのが、

ダイエタリー・サプリメントといわれるものです。

略して、サプリなどとも言います。

 

サプリメントとは、忙しい毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素を補うために作られた健康食品となります。

 ダイエットを志している方の強い味方

となってくれます。

 

おすすめのダイエタリー・サプリメントがこちらです。

 

機能性表示食品サプリ
slimfor スリムフォー です。

>>>スリムフォー公式ページ

 

slimfor スリムフォーは、

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)を含む

機能性表示食品サプリです。

 

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、

お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを

助ける機能があることが報告されています。

 

体脂肪が気になっているあなたにとって、強い味方となってくれます。

 

サプリメントは食品の中の一つですが、食品は以下のように分類されています。

保険機能食品
(機能性の表示ができる)
特定保健用食品
栄養機能食品
機能性表示食品
一般食品
(機能性の表示ができない)
 

 

slimfor スリムフォーは、上記の食品区分の中の

機能性表示食品の中のサプリメントになります。

 

栄養補助食品、健康補助食品、栄養調整食品といった表示で販売されている食品は、

上記の食品区分の中では一般食品となります。

 

「機能性表示食品」は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。

化学的根拠のない一般的な健康補助食品とは違います。

 

スリムフォーには大注目成分、

葛の花由来イソフラボンが配合されています。

 

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、

・体重を減らすのを助ける

・内臓脂肪や皮下脂肪を減らすのを助ける

・ウエストサイズを減らすのを助ける

これらの機能があることが報告されています。

 

肥満気味な方

BMIが高めの方

お腹の脂肪が気になる方

ウエスト周囲径が気になる方

これらの方々に適した食品です。

 

被験者97名を対象に、

イソフラボン配合食品と非配合食品を摂取した実験で

驚きの結果が報告されています。

 

詳しくは、スリムフォー公式ページで!!

>>>スリムフォー公式ページ

 

スリムフォーは1袋通常価格は9,800円(税抜)となり、

1年間では、9,800円×12ヶ月=117,600円(税抜)となります。

 

定期購入の場合は、

初回 980円(税抜)

2回目以降 5,980円(税抜)(38%OFF)となり、

1年間では、980円+5,980円×11ヶ月=66,760円(税抜)となります。

 

年間で、50,840円もお得となります。

定期コースでのお求めがだんぜんお得となります。

 

お支払方法は、

① コンビニ後払い
② クレジットカード
③ 代金引き換え

以上の3つからご選択できます。

 

機能性表示食品 スリムフォーはこちらから
 ↓          ↓ 
お腹の脂肪が気になる方の機能性表示食品
slimfor スリムフォーはこちら

>>>スリムフォー公式ページ

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

*

最新記事

  • これだけ知っていれば悩まない!カーテン選び5つのポイント。

  • 正しいダイエットの基礎知識-栄養素とカロリー。

  • 正しいダイエットの基礎知識-肥満と脂肪の関係。

  • もう無理と決めつけないで!あなたにも出来るダイエット法教えます!!

関連記事

  • 富良野のファームにはラベンダーのお花畑がいっぱい!

  • 宮島の霊山・弥山(みせん)。

  • シャッタースピードはカメラの基本性能を左右する大切な要素。

  • 舞鶴 → 小樽、20時間 フェリーの旅!

  • 絶対ほしくなるカリモクの機能的ワーク・スタディーデスク7選

  • 宮島 大聖院の節分祭に行ってきました。