1. TOP
  2. 新日本海フェリーは台風でも揺れない、すばらしい船!

新日本海フェリーは台風でも揺れない、すばらしい船!

 2016/05/26 北海道
この記事は約 4 分で読めます。 13 Views

2015年7月17日 小樽 → 舞鶴

昨日午後11時30分、予定通り小樽港を出航し、順調に舞鶴港に向けて航行中です。

フェリーは台風11号の強風域には入っており、後方にあるデッキから外に出るとかなりの風を感じるのですが、それほど大きな波は有りません。

スポンサードリンク

 

20158212

20158213

7月11日の舞鶴から小樽に向けてのフェリーでもそうでしたが、何かしら船内で催し物が開かれます。

行きのときは、ビンゴゲーム大会があり、家内が3等賞に当たり、アイスクリームの無料券をゲットしました。

帰りのこの日は、女性の方の生演奏を聞きました。

 

ちょうど歌を歌っておられる女性の方の頭のところにテレビのモニターが写っていますが、各客室でも見れるのですが、現在の船の位置がモニターに出ています。

拡大したのが下の写真です。

20158214

青い線が船の航路で、船のマークが位置を示しています。

ちょっと見にくいですが、能登半島の沖合いに船のマークがあります。

時間は、モニターの左上に出ていますが、午後15時17分となっています。

 

この時点で、台風11号は岡山県を抜け、日本海に出ており、かなり接近しているはずなのですが、ほとんど揺れることもなく、何事も無いかのように演奏会が続きました。

外を見ると多少波はあるのですが、船が揺れない特殊な装置でも付いているのでしょうか。

 

20158215

船内にあった案内表示ですが、私たちの部屋は5fのステートBになります。

いろいろと設備が整っています。

車両甲板は3fになります。

 

20158216

船首にある展望室の窓は、強風から守るためでしょうか、外から塞がれており外を見ることは出来ません。

外はかなり強い風が吹いています。

 

20158217

大浴場、サウナもあります。

スポンサードリンク

 

20158218

レストラン、ゆったりとしていて落ちついて食事が出来ます。

 

20158219  20158220

本日船内での二人の夕食。

バイキング形式で、食べたい物をトレイに乗せていき最後に清算するかたちとなっています。

北海道の食材が多いように感じました。

おいしいです。

 

20158221

 

帰りの部屋は、ステートBのツインのベッドの部屋でした。

フェリーは予定通り、台風の影響も無く、午後9時45分頃に舞鶴港のフェリーターミナルに到着しました。

今日は近くのホテルに泊まり、明日の朝広島に向けて帰えります。

翌朝18日、8時頃ホテルを出発し、中国道、山陽道を通って、午後3時頃我が家に到着しました。

 

今回の旅行では、7月13日の旭岳の登山が、あいにくの雨で頂上まで行けませんでしたが、それ以外は天候に恵まれ素晴らしい北海道の景色を堪能することができました。

7月中旬の小樽、富良野周辺でしたが、天気が良ければ、昼間は概ね夏の服装で十分ですが、夕方からは気温が下がってきます。

夜に出かけられる場合は、防寒になるものは必要になってきます。

 

また、旭岳クラスの山に登山される場合は、十分な装備が絶対必要になってきます。

私は山のことは詳しくはありませんが、旭岳は2000m級の山ですが、長野県の3000m級の山と同程度かなという感じがしました。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

最新記事

  • 毎日少量飲むだけで美しくボディメイクできる生酵素がスゴイ!

  • 正しいダイエットの基礎知識-代謝アップと健康(2)。

  • 正しいダイエットの基礎知識-代謝アップと健康(1)。

  • これだけ知っていれば悩まない!カーテン選び5つのポイント。

関連記事

  • 舞鶴 → 小樽、20時間 フェリーの旅!

  • 美瑛の丘の風景はパッチワークの路とパノラマロードが見どころ!

  • 富良野のファームにはラベンダーのお花畑がいっぱい!

  • 北海道の屋根 大雪山の最高峰・旭岳は雲の中!

  • 「北の国から」の感動シーンをもう一度、ドラマロケ地めぐり!

  • 北海道、美瑛・旭岳・富良野・積丹半島、8日間ドライブ旅行!