1. TOP
  2. 乗鞍の紅葉は美しく、空は青く澄みきっていました。

乗鞍の紅葉は美しく、空は青く澄みきっていました。

 2016/05/24 乗鞍・上高地
この記事は約 4 分で読めます。 32 Views
9244

2014年10月16日 松本→乗鞍→上高地

6時:00分 起床です。

松本駅からは7時16分発の電車に乗る予定ですが、朝食が始まるのは6時45分からとなっており、松本駅までは10分くらいかかりますので、ゆっくり食べている時間はなさそうです。

 

でもって、朝食はこんな感じで、10分で食べました。

018[1]  019[1]

 

021[1]

朝7時の松本駅の気温は、10℃になっています。

雲が多く、天気はあまり良さそうではありません。

スポンサードリンク

 

予定通り7時16分発の新島々行きの電車に乗り、7時49分に新島々につきました。

8時05分発の乗鞍行きのバスに乗るのですが、新島々のバスターミナルは駅と併設されているので、移動はありません。

023[1]  024[1]

 

028[2]

新島々に着く頃には朝あった雲はなくなり、良い天気になってきました。

 

予定通り、8時05分にバスは出発です。

途中で、初めて見たのですが、珍しいトンネルがありました。

037[1]

トンネルの中で、道路が二又に左右に分かれています。

 

039[1]

最初の計画では、上高地へ直行でしたが、時間も早いので乗鞍高原に寄って行くことにし、ここで左折です。

 

053[1]

休暇村 乗鞍高原 到着です。

 

休暇村を出発するまで3時間ほどありますので、近くに「牛留池」というのがあり、展望地にもなっているとのことなので行ってみることにしました。

583C3788[1]

遠くに乗鞍岳が見えます。

今日の朝は冷え込んだらしく、頂上には雪が見えます、これから先に乗鞍への登山口があるのですが、道路が凍結のためバスは運休していました。

次に、「善五郎の滝」を目指します。

 

583C3806[1]

途中に「二人の小径」というのあるのですが、たぶんその当たりかと思いますが、紅葉と乗鞍の雪をかぶった頂がきれいに見えるところがありました。

空もほとんど雲もなくなり、最高の天気になってきました。

 

583C3795[1]

白樺と黄葉のコントラストもきれいでした。

 

583C3812[1]

善五郎の滝

 

583C3835[1]

休暇村の建物があるところまでもどってきました。

ここは、冬はスキー場になるらしく、黄葉のなか、ゲレンデの下草の刈り取り作業中でした。

 

055[2]

出発までにはもうしばらく時間があったので、建物なかでコーヒーとケーキをいただくことにしました。

窓越しの黄葉を見ながら明るい日差しの中、ゆったりとした時間が流れます。

平日ということもあり、混雑することもなく、落ち着けるのがいいですね。

スポンサードリンク

 

059[1]

お昼近くになって、道路の凍結による運休も解除され、乗鞍の登山に行かれる方もおられました。

 

私達が乗るバスがやってきました。

060[2]

一旦新島々方面に戻り、来るときに通った「親子滝」の停留所で、新島々バスターミナル発上高地行きに乗り換えます。

親切な運転手の方で、「親子滝」で乗り換える人が居ることを、乗り換えのバスの運転手の方に無線で連絡をしていただき、安心して乗り換えることが出来ました。

 

061[2]

乗り換えの「親子滝」のバス停です。
小さなログハウスがあり、これなら雨の日でも大丈夫ですね。

ここで、約12分の待ち合わせです。

 

583C3840[2]

上高地バスターミナル到着です。
バスターミナルの周りのカラマツがきれいに黄葉しています。

休暇村乗鞍高原を12時7分のバスに乗り、到着時間は13時15分です。
距離的にはたいしたことはないのですが、ゆっくりなので1時間ちょっとかかっています。

 

上高地の散策の前に、帰りのバスの乗車整理券をまず最初にもらっておいてください。
乗車整理券の番号順にバスに乗ります。

 

今日のお宿は、上高地の一番奥になる明神池の近くの明神館になります。

明神館までは徒歩で1時間30分ほどですが、河童橋を渡って梓川の右岸(進行方向では川の左側)を行くことにしました。

 

583C3847[2]

行かれた方も多いと思いますが、河童橋周辺です。

天気も良く、青い空と穂高の稜線がクッキリと見えています。

 

583C3852[1]

 

583C3863[1]

岳沢口湿原 水が澄んでいて何とも言えないキレイな色をしています。

 

583C3864[1]

イワナですね。

渓流魚は大変警戒心の強い魚ですが、逃げようとはしませんね。

 

583C3874[1]

明神橋を渡りました。

お宿は近くです。

 

スポンサードリンク

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

9244

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

コメントを残す

*


*

最新記事

  • 17276465_s

    これだけ知っていれば悩まない!カーテン選びのポイント9個。

  • 26263898_s

    簡単楽しい壁のリメイクDIYとおしゃれなアレンジ13選。

  • 19265078_s

    必見!インテリアグリーンの素敵な飾り方とオススメ観葉植物。

  • 169251

    Nikon コンパクトデジタルカメラ機種比較総まとめ!

関連記事

  • 9242

    上高地 田代湿原の幻想的で美しい変化の朝。

  • 9243

    上高地のカラマツの黄葉と穂高の雪とのコントラスト。

  • 9245

    秋の乗鞍.上高地、カラマツの黄葉と穂高の雪とのコントラスト!

  • 9241

    上高地、乗鞍へのアクセス方法。