1. TOP
  2. 愛車
  3. ジムニーシエラ
  4. 車・DIY】新型ジムニーシエラ(Suzuki jimny JB74)4×4の荷室を広くする。

車・DIY】新型ジムニーシエラ(Suzuki jimny JB74)4×4の荷室を広くする。

 2021/09/07 ジムニーシエラ
  8 Views

今回は、新型ジムニーシエラの荷室を広くするための

木枠の台をDIYで製作しました。

新型ジムニーシエラの後席を倒すと、フラットな荷室として

利用することができます。

しかし一般の車と同様に、前席の背もたれと後席の座席の

間には、後席を座席として利用した時の足を置くための

スペースがあります。

私の場合は、ほとんど後席には座ることがなく、

常に荷室として使用しています。

したがって、足を置くためのスペースは、私の場合は不要になります。

そこでスペースに木で枠を組み、その上に板を置いて荷室を

広く利用出来るようにしました。

方法は、木で脚の付いた枠を作り、その上に板を置いてフラットにします。

足を置くためのスペースの前後の寸法は、それぞれの方に

よっていろいろあるかと思います。

私の場合は、約32cmあります。

左右の寸法は、約50cmほどありますので、かなりの大きな

スペースとなります。

今回のDIYによって、板の上下を収納スペースとして利用できるようになりました。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!