1. TOP
  2. 趣味
  3. キャンプ
  4. neGla MAEHIROドームが一般発売開始!バイキャン用2ルームテントの特徴、機能、価格は。
本ページはプロモーションが含まれています

neGla MAEHIROドームが一般発売開始!バイキャン用2ルームテントの特徴、機能、価格は。

 2023/07/01 キャンプ
  69 Views

株式会社デイトナ

株式会社デイトナは、アウトドア用品を提供する企業で、彼らの商品ラインナップは、キャンプやツーリングに必要な様々なアイテムを含みます。

また株式会社デイトナは、オートバイアフターパーツメーカーとして、世界のバイクライダーに対応する商品やサービスを提供しています。

そのユニークな企画力と開発力により、世界で最も支持されるブランドとなっています。


デイトナの本社は静岡県周智郡森町一宮に位置しています。

2018年にはライダー向けアウトドアブランド「DAYTONA OUTDOOR SUPPLY」を立ち上げ、バイク用品の開発を通じてライディングの楽しさやキャンプの楽しさを伝えています。

そして、2023年には「DAYTONA OUTDOORS」へとリブランディングしました。


2023年3月に、デイトナはオリジナルテント第2弾「DAYTONA neGla MAEHIRO DOME(以下、マエヒロドーム)」を発表し、多くのライダーの注目を集めました。

そして本格的なアウトドアブランドとして、ライダーだけでなくアウトドアを楽しむすべての人々に向けた商品の開発と販売を進めています。

neGla MAEHIROドームとは

neGla MAEHIROドーム(以下、マエヒロドーム)は、株式会社デイトナが発売したバイキャン用の2ルームテントです。

マエヒロドームは、「すべてがちょうどいい」をコンセプトに開発され、寝るスペースが狭く感じない十分な容量を確保すること、ゆったりとした空間が特長のスタンダードなテントです。


テントのサイズ、重量、素材、使い勝手など、細部に至るまでこだわり抜いた製品で、バイクでキャンプを楽しむライダーからのニーズに対応しています。

このテントは、前室の広さが特徴で、軽くてバイク乗りならではのユニークな発想が詰まっています。

neGla MAEHIROドームの特徴

軽量、コンパクト

今までのテントは、ライダーにとってちょと大きく重さがありました。

neGla MAEHIRO ドームテントは軽量でコンパクトに設計されており、設営と撤収が簡単です。

重さは3.4kgで、パッキングサイズは、44cm×直径18cmとかなりコンパクトになっています。

ポールの素材は、アルミの中でも軽く、強度が高い7000番台のジュラルミンを使っています。

前室の広さ

またもう一つの特徴として、広々とした前室があります。

前室にある3つのパネルを閉じても、ぎりぎり2人が座れるぐらいのスペースがあります。

また、前室が広いことでキャンプの楽しみ方もグッと広がります。


前室のサイズはW220×130×143㎝。

チェアやテーブルを置いてリビングルームとして十分な広さです。

また天井高さが143cm、テント内での着替えや出入りがスムーズにできます。


またインナーテントもソロキャンプに充分な広さを有しています。

インナーテントはメッシュ製で、プライバシーを確保しながら通気性と採光性に優れています。


フライシートには、軽量な20デニールのリップストップナイロンを採用。

薄いナイロンシートをシリコンの液に浸すことで中まで浸透し、撥水性と耐久性を高めています。

手が透けるほど薄いけれど、ラフに扱っても十分な耐久性と、高い撥水性を実現しました。

ライダーにこだわった使い勝手

同じ色のポールとハトメを組み合わせていくだけで簡単設営できる。

グローブをしたままでも操作できる自在。

出入口が3方向にあり、開閉することで視線を遮りプライバシーをしっかり確保しながら、快適にキャンプを楽しむことができます。

neGla MAEHIROドームの機能

マエヒロドームはY字ポールの中心にあるリッジポールを延長させ、トンネルのようにしたことで、広い前室が生まれました。

また、人目が気になるときはフロントを閉じ、左右を開けることでプライバシーを確保できます。

neGla MAEHIRO ドームテントは軽量、コンパクト、使い勝手の良い機能を有しています。


その他にも以下のような便利な機能もあります。

◎インナーテントにはランタンを吊るすフックが付属。

◎インナーテントにスマートフォンなどの小物収納に便利なポケット付き。

◎インナーテントにスマートフォンなどの小物収納に便利なポケット付き。

◎足を引っかけてしまいやすい、ガイドラインには、夜間に目立ちやすいリフレクター(反射材)入りを採用。

◎自在はグローブをしたままでも操作がしやすくテンションをスムーズに調整できます。

◎収納バッグには厚手生地の150Dポリエステルを採用、シートバックに固定やキャリアに固定することも可能です。

◎収納バッグにはLOGOがリフレクターブリントされており、夜間走行時の被視認性を向上。

neGla MAEHIROドームの価格

neGla MAEHIROドームの価格は、税込で40,700円です。



バイクキャンプの注意点

バイクキャンプの際には以下のような点に注意しましょう。

1、装備と準備

必要なキャンプ装備を事前に準備しましょう。

テント、寝袋、マット、調理器具、食料、水、防寒具、防雨具、ヘルメット、応急処置キットなどが一般的です。

また、バイクのメンテナンスも忘れないようにしましょう。

2、パッキング

持ち物をどのようにバイクに積むかは大切な問題です。

荷物が重すぎると、バイクの取り扱いが難しくなり、疲れやすくなります。

また、バランスを崩して事故を引き起こす可能性もあります。

パッキングは軽量化とバランスを意識しながら行いましょう。

3、ルートの計画

事前に移動ルートを計画し、必要ならばナビゲーションツールを使用します。

また、ガソリンスタンドやキャンプサイトの位置もチェックしましょう。

4、天候

予定日の天気予報をチェックし、雨や悪天候が予想される場合はその対策を考えておきましょう。

5、法規制

自分が訪れる地域のキャンプに関する法規制を理解し、それに従うことも重要です。

例えば、野営が許可されているかどうか、火を使って調理ができるかどうかなどを調べましょう。

6、環境への配慮

キャンプ場や自然環境を汚さないように、ごみは持ち帰るなど、エチケットを守りましょう。


以上の点を注意しながらバイクキャンプを楽しみましょう。


\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!