1. TOP
  2. 旅行
  3. 宮島・厳島神社
  4. 宮島・清盛塚(経塚)

宮島・清盛塚(経塚)

 2021/09/08 宮島・厳島神社
  10 Views

宮島歴史民俗資料館から宮島水族館に向かう道の中ほどに

ある小高い丘の上に、清盛塚と呼ばれる丸い穴の開いた

小さな石碑があります。


このあたり一帯は経の尾と呼ばれており、道路から丘に登る

ための石の階段があるのですが、その階段は怖いくらいの

急な階段で、登った先に清盛塚といわれる石碑があります。


平清盛が平家一門の繁栄を願って一字一石の法華経を刻んで

納めたと伝えられている経塚で、清盛塚と呼ばれています。

階段の中ほどには大きな桜の木があり、手すりの付いた

階段を上り少し歩いた先に小ぶりな石碑があります。

20166121

20166122  20166123

石碑の上部には丸い穴が空いており、下部には文字らしき

ものが刻まれています。

初めて見る形の石碑です。


石碑の傍らにある解説には以下のように書かれていました。

経塚

この丘は経ノ尾と呼ばれている。

経塚は清盛塚ともいわれ、清盛が平家一門の繁栄を祈願して一字一石経

(いちじいっせきょう)を埋めたと伝えられる。


昭和19年開墾の祭一部が発掘されて、銅製の経筒、陶製の甕(かめ)と

中国宋代の白磁の盒子(ごうす)、梅花双雀鏡(ばいかそうじゃくきょう)、

刀片などが発見された。


これらはすべて平安時代のものとみられる。

経塚のあたりは積石で覆われ、宝篋印塔(ほうきょういんとう)、

石燈籠(いしどうろう)などがあるが、後世のものである。


経塚とは、法華経を石に書写し、経典を筒にいれて土に

埋めた塚になります。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!