1. TOP
  2. 愛車
  3. デリカD5
  4. デリカD5の旧型が納車、気に入った点をご紹介。

デリカD5の旧型が納車、気に入った点をご紹介。

 2021/04/27 デリカD5
  13 Views

デリカD5に車を乗り換えましたので、私の新しい車となった

デリカD5をご紹介します。

デリカD5は新型も発売されていますが、

今回納車されたのは旧型のデリカD5です。

以前に乗っていた車は私にとっては狭すぎましたので、

車内が広いミニバンに乗り換えることにしました。

デリカD5の気に入っているところ

ミニバンもいろいろありますが、最初からミニバンなら

デリカD5にしようと決めていました。

デリカD5に決めた一番の理由は、デリカD5は、ミニバンと

SUVの両方の良いところを併せ持った車であるということです。

具体的にご紹介したいと思います。

2駆と4駆の切り替えが可能

デリカD5には2WD、4WDオート、4WDロック、の3つの

ドライブモードがあります。

電子制御の4WD機構となっており、センターパネルに

付いているドライブモードセレクターのダイヤルで切り替えを行います。


2WDは、乾いた一般道路や高速道路を走行するときに使用します。

前輪駆動(FF)での走行となります。

中央が4WDオートとなり、デリカD5での基本走行位置となっています。

道路状況や走行状況に合わせて、自動的に4輪に駆動力が配分されます。


右が4WDロックモードとなります。

雪道や砂地などタイヤがスリップしやすい道路状況で使用します。

後輪にも大きな駆動力が配分されるため、スタック時でも

脱出を容易にします。

最低地上高が高い

オフロードでの走行には、最低地上高の高さが必要です。

デリカD5は、最低地上高が210mmとなっています。

ミニバンで210mmというのは他ではないでしょう。

この最低地上高の高さによって、デリカD5のオフロードでの

走破性を高めています。

室内が広々、車中泊が楽

ミニバンですので当然室内は広く、ゆったりとしています。

キャンプやドライブ旅行での車中泊をゆとりをもって

楽しむことができます。

デリカD5には7人乗りと8人乗りがあります。

私のデリカは8人乗りですが、3列目シートを取り外しています。

専用のサードシート脱着キットを使っています。


通常は手作りで自作したテーブルを写真のように置いています。

車中泊で寝るときは、セカンドシートを倒すと高さが合う

ようになっており、その上にマットを引いています。

スポーツ走行が可能

運転装置で気に入っている点は、パドルシフトがついていることです。

グレードによってオプションとなっていますが、この車には

付いていました。

パドルシフトはハンドルの、奥の少し内側の左右についています。

右のレバーがシフトアップ用、左のレバーがシフトダウン用となっています。

レバーを手前に引くことによって、1段づつシフトアップ、

シフトダウンさせることが出来ます。


通常のマニュアル運転の場合は、シフトチェンジの時には

アクセルペダルを戻し、クラッチを切って行いますが、

パドルシフトの場合は、アクセルペダルを踏み込んだまま

シフトチェンジが出来ます。

パドルシフトを使うことによって、素早いシフトチェンジが

可能となり、スポーティーな走行が出来るというわけです。

安全運転のサポート装置が充実

ミニバンは車体のサイズが大きくなりますので、その分

死角となってしまう部分も増えます。

デリカD5には、カメラが3か所についている。

前方、側面、後方の3か所に付いています。

3台のカメラによって左側の死角となる部分の大半を

カバーすることが出来ます。

また助手席側には、大きなサイドアンダーミラーが付いています。

これによって左側前輪部分をさらにカバーすることができます。

シートアレンジ

サードシートを跳ね上げることによって、広い荷室を

確保することが出来ます。

またセカンドシートを前にスライドすることによって

さらに広い荷室を確保することが出来ます。

私の場合は小柄なので、床に寝ることもできます。

シートをフルフラットにしてベッドとすることも可能です。

私の場合は、サードシートを外してテーブルを置いています。

荷物固定用フック

デリカD5の室内には、荷物固定用のフックが沢山ついています。

床、天井、側面、テールゲートなどに付いています。

上記の写真のフックは、車内の側面に付いているものの一つです。

使用するときはフックを起こして使用します。

このフックが各所に沢山装備されていますので、

荷物の固定や、何かを取り付けたりするのに大変役に立ちます。

カップホルダー

デリカにはカップホルダーやボトルホルダーも沢山ついています。

上記の写真は、フロアコンソールボックスに付いているものです。

この他にも、ドアの側面や室内側面にも付いています。

ホルダーに困ることはないでしょう。

純正ルーフラック、リアラダー

旧型の中古を購入しましたが、純正のルーフラックと

リアラダーが付いていました。 

純正品のルーフラックは2種類あるようですが、

付いていたのは小さいほうです。

私にはこれで十分で、現在はスタック用ラダーを積んでいます。

純正品なので車高が2100mm以内に抑えられています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!