1. TOP
  2. 誰でも使える!家具設計が楽しいフリーソフト2選。

誰でも使える!家具設計が楽しいフリーソフト2選。

 2016/02/16 木工
この記事は約 5 分で読めます。 11,576 Views

何を作るのか決まったら、工作物を形にするための作図(設計)することから始めます。

設計というと何だかかたぐるしく難しそうですが、

きちっとした設計図を描く道具は必要なく、フリーハンドでかまいません。

設計図は一度で書き上げられることはまずなく、いろいろなことを考え、

考慮しながら描いていきますので、当然ながら途中で書き換えることが何度もあります。

 

その度に描いたものを消したり、改めて新しい紙に描いていると、

汚くなったり、非常に手間がかかります。

そこで、オススメなのがパソコンを使って設計図を描くのです。

パソコンであれば、何度も修正可能で、きれいに描けます。

パソコンをお持ちの方も多いと思いますので、

パソコンを使って設計図を描くことが出来る大変便利なソフトがありますのでご紹介します。

 

私がオススメするのは、2つありますが、

どちらもフリーソフトで誰でも無料で使うことができます。

無料といっても、プロも使っている優れものの大変すばらしいソフトです。

それでいて、使い方はそんなに難しいものではありません。

最初はチョットとっつきにくいところも有りますが、

慣れれば、手で書くより断然早いです。

スポンサードリンク

 

JW-CAD(JWW)

ご存知の方も多いと思いますが、

元々は建築図面を設計するために開発されたソフトですので、

家具や木工品の設計には十分過ぎる機能をもっています。

下記よりダウンロードできます。
http://www.ath-j.com/jw_win/

 

パソコンを使って描くことが出来るメリットとしては、

① 書き直しが自由にできる。
② きれいに描ける。
③ 慣れれば手で描くより断然早い。
④ データとして保存できる。
⑤ 遠方の人にメールで送ることができる。
⑤ PDFファイル、jpgファイルに変換が可能。

以上のようなことがあげられます。

 

JW-CADが初めての方には、やはり解説本を読まれるのが良いと思います。

解説本もいろいろたくさんありますが、私が読んで勉強した本をご紹介します。

 

 

Google SketchUp

Googleが提供している3Dソフトです。

有料版と無料版がありますが、無料版で十分です。

簡単に3Dが描け、自由に回転をして全ての方向から見た3Dが描けます。

下記よりダウンロードできます。
http://www.sketchup.com/ja

 

これから始められる方の解説本はこちらがオススメです。

その他こちらもオススメです。

アッというまに3Dが描けますので、ビックリされると思います。

遊び感覚でいろいろ描いてみてください。

 

作図(設計)する上でポイントとなるのが、デザインですが、

デザインは強度を考えた構造、機能性、使い勝手等を考えてデザインしますが、

たとえばテーブル、イス、本棚、収納家具などを設計する場合は、

まず身の回りにあるものを参考にして設計してみましょう。

 

それらのものは古くから有るものなので、十分考えられて作られていますので、

それらを参考にして、あとは自分に合うようにアレンジしていくと良いでしょう。

 

木工用木材、道具、工具、接合金物はこちらから

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

最新記事

  • 丁番の種類と取り付け方、全てが分かるDIY情報満載!

  • コンパスの使い方と見方、登山がもっと楽しくなります。

  • 地形図の読み方と見方、地図を持って楽しい山登りへGO!

  • 方位磁石の見方と使い方、これで山登りの楽しみが倍増!

関連記事

  • これだけは知っておきたい楽しい木工作業の手順11のステップ

  • これだけは知っておきたい!基本的な木工作業の手順。

  • これだけは知っておきたい!反りのメカニズムと反り防止の方法。

  • これだけは知っておきたい!木材の基本的な接合方法58個。

  • これだけは知っておきたい楽しい木工作品作りの5つのポイント

  • オイルフィニッシュの方法と塗料、誰でもカンタン楽しく出来ます。