1. TOP
  2. DIY
  3. 木工工具
  4. 広い面を研磨するのに大変便利なサンダーの種類。

広い面を研磨するのに大変便利なサンダーの種類。

サンダーは各番手のサンドペーパーを取り付けて、木材の表面を研磨するための電動工具です。

サンダーは加工、組み立てが完了した製品の段差の仕上、表面の仕上などに使用しますが、

特に広い面積の天板などの表面を仕上げるのに威力を発揮します。

サンダーは研磨の方法によって以下のような種類があります。

 

オービタルサンダー

オービタルサンダーはモーターの回転によって、サンドペーパーを取り付けている

ベースとなっているゴム製のパッド部分が楕円運動をして、木材の表面を研磨して

仕上げるものです。

 

木材表面の仕上げ、塗装前の生地仕上げなどに適しており、仕上げ用として

一般によく使われています。

サンダーの中で、一番きれいに仕上げることが出来ます。

 

201412101[1]

 

上記のオービタルサンダーは弊社で古くから使っているものですのでかなり旧式のものです。

サンドペーパーの取り付け方法は、市販されている規格サイズのサンドペーパー

(280×228mm)をカットして取り付けます。

 

オービタルサンダーのベースとなるパッドの両端にあるペーパーホルダーに

サンドペーパーを挟んで固定しますが、まず最初に片方のペーパーホルダーに

サンドペーパーを挟み、次にパッドとの間に隙間を作らないようにもう片方の

ペーパーホルダーに挟んで取り付けます。

 

201412102[1]

201412103[1]

 

したがって、規格サイズのサンドペーパーのカット寸法は、巾はパッドの巾に合わせますが、

長さはパッドの長さに両端のペーパーホルダーに挟むことができる長さを考慮した長さを

加えた長さとします。

 

 

ベルトサンダー

ベルトサンダーは輪になったベルト状の布製のサンディングベルトが同一方向に

回転することによって研磨するものです。

研磨能力は一番高く、仕上がりもきれいです。

 

上下を逆にして、ベルトサンダーを上に向けて作業台などに固定すれば、卓上用の

ベルトサンダーとして使用することができます。

サンディングベルトはそれぞれのベルトサンダー専用のものを使用するようになります。

 

 

ランダムサンダー

ランダムサンダーは、ランダムオービットサンダー、ランダムアクションサンダー

とも呼ばれていますが、ディスク部分が円形となっており、楕円運動しながら回転して

研磨を行います。

 

ベルトサンダー同様研磨能力の高いサンダーとなりますので、金属のさび落としや

古い塗料はがしにも使用できます。

 

 

ディスクサンダー

ベースのパッドがディスク状の円盤になっており、回転することによって

研磨するサンダーです。

この場合もディスクの大きさに合った専用の円形になったサンドペーパーを使用します。

ディスクサンダーは比較的細かい所のサンダー掛けに向いています。

 

 

デルタサンダー

ディスク部分が三角形の形をしており、細かな振動を与えて研磨を行います。

また先が尖っていますので、細かい所のサンディングに適しています。

 

 

まとめ

サンダーは、広い面を仕上げたり古い塗料をはがしたりするのに大変便利な電動工具です。

これを手作業で行うのは大変な労力となりますので揃えておきたい電動工具の一つでもあります。

 

電動工具にはこの他にも便利なものが沢山あります。

下記ページに木工DIYに使用する道具、工具をまとめてみましたのでご覧ください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!