1. TOP
  2. これは素晴らしい!360°全方位撮影可能 RICOH THETA S。

これは素晴らしい!360°全方位撮影可能 RICOH THETA S。

 2016/06/07 デジタルカメラ
この記事は約 6 分で読めます。 15 Views

RICOH THETA SC は、落ち着いた4色のカラーバリエーションを持ち、高性能と

使いやすさのスタンダードモデルとして登場しました。

THETA S に比べて進化した基本アプリをを搭載、軽量化も実現しました。

 

RICOH THETA S は、360°全方位を撮影することが出来る画期的なデジタルカメラです。

静止画も動画も自由自在に、今までには再現できなかった360°の世界を映し出します。

RICOH THETA S で撮影した画像は、簡単にSNSへ投稿が可能、家族や仲間たちと

楽しく共有して楽しむことが出来ます。

 

また専用のアプリを使ってリモート撮影も簡単に出来たり、編集も思いのままに出来てしまいます。

RICOH THETA S は、今までになかった新しい映像表現を可能にした次世代のデジタルカメラです。

 

スポンサードリンク

 

RICOH THETA 機種比較

THETA SC THETA S THETA
発売日 2016年10月 2015年10月 2013年11月
撮影距離 10cm~∞ 10cm~∞ 10cm~∞
撮影モード 静止画:
オート、シャッター優先
ISO優先、マニュアル
動画:オート
静止画:
オート、シャッター優先
ISO優先、マニュアル
動画:オート
静止画:
オート、シャッター優先
ISO優先
動画:オート
露出制御モード プログラムAE
シャッター優先AE
ISO優先AE
マニュアル
オート オート
露出補正 −2.0~+2.0EV −2.0~+2.0EV −2.0~+2.0EV
ISO感度 静止画:100~1600
動画:100~1600
静止画:100~1600
動画:100~1600
ライブストリーミング
:100~1600
静止画:100~1600
動画:100~400
ホワイトバランス 静止画:
オート、屋外、
日陰、曇天
白熱灯1、白熱灯2
昼光色蛍光灯
昼白色蛍光灯、
白色蛍光灯
電球色蛍光灯
動画:オート
静止画:
オート、屋外、
日陰、曇天
白熱灯1、白熱灯2
昼光色蛍光灯
昼白色蛍光灯、
白色蛍光灯
電球色蛍光灯
動画:オート
ライブストリーミング
:オート
静止画:
オート、屋外、
日陰、曇天
白熱灯1、白熱灯2
昼光色蛍光灯
昼白色蛍光灯、
白色蛍光灯
電球色蛍光灯
動画:オート
シヤッタースピード 静止画:
1/8000~1/8秒
マニュアル
1/8000~60秒
動画:
1/8000~1/30秒
1/8000~1/15秒
静止画:
1/6400~1/8秒
1/6400~60秒
動画:
1/8000~1/30秒
1/8000~1/15秒
ライブストリーミング:
1/8000~1/15秒
静止画:
1/8000~1/7.5秒
動画:
1/8000~1/15秒
記録媒体 内蔵メモリー:約8GB 内蔵メモリー:約8GB 内蔵メモリー:約4GB
記録可能枚数、時間 静止画:
(L) 約1,600枚
(M) 約9,000枚
動画:
1回:最大5分
合計:(L) 約63分
合計:(M) 約171分
静止画:
5376×2688 約1,600枚
2048×1024 約9,000枚
動画:
1回:最大25分or4GB以下
合計:1920×1080 約65分
合計:1280×720 約175分
静止画:
約1,200枚
動画:
1回:最大5分
合計:約60分
電源 リチウムイオンバッテリー(内蔵) リチウムイオンバッテリー(内蔵) リチウムイオンバッテリー(内蔵)
電池寿命 約260枚 約260枚 約200枚
画像ファイル 静止画:JPEG
動画:MP4
静止画:JPEG
動画:MP4
静止画:JPEG
動画:MOV
外形・寸法 45.2×130.6×22.9mm 44×130×22.9mm 42×129×22.8mm
質量(g) 102g 125g 95g
THETA SC THETA S THETA

 

RICOH THETA 人気機種ランキング

1位 RICOH THETA S

 

2位 RICOH THETA SC

 

3位 RICOH THETA

 

RICOH THETA S は、露出制御モードにプログラムAE、シャッター優先AE、ISO優先AE、

マニュアルが搭載されています。

電源ONから約1.5秒で撮影できる素早い立ち上がりと薄型で軽量ボディとなっています。

 

RICOH THETA S は、2つの1/2.3型 12M CMOSセンサーを搭載しており、

F2.0の大変明るいレンズとなっており、従来機に比べてより高精細に自然で美しい

全天球画像を撮影することが可能となったハイスペックモデルとなります。

またRICOH THETA S は、従来機のTHETAに比べて30fpsのFull HD動画を約25分間

連続撮影することが可能となっています。

 

その他のRICOH THETA S のアップした機能。

・HD Liveストリーミングに対応 ・Live ビュー(10fps)に対応

・最長60秒長時間露光に対応

・8GBメモリー

その他のRICOH THETA Sの特徴につきましてはこちらをご覧ください。

 

RICOH コンパクトデジタルカメラはこちら

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

最新記事

  • シャワーホースの交換、誰でも簡単に出来る方法のご紹介!

  • 照明と照明器具の種類、特徴と選び方についてのまとめ。

  • 電気カンナの基本的な使い方ときれいに削るコツ!

  • SONY デジタルビデオカメラ ハンディカム機種比較総まとめ!

関連記事

  • PENTAX ミラーレス一眼カメラ機種比較総まとめ!

  • これだけは知っておきたい!カメラの種類と特徴。

  • Nikon コンパクトデジタルカメラ機種比較総まとめ!

  • ファインダーは写す前に確認する為の重要な役割を持っています。

  • 撮影モードでは露出方法を決め、ドライブモードでシャッターの切り方を決めます。

  • 測光と露出とは密接な関係にあります。