1. TOP
  2. DIY
  3. DIYの方法
  4. 【ドアノブ交換】円筒錠の特徴、構造と取り外し方。

【ドアノブ交換】円筒錠の特徴、構造と取り外し方。

 2021/07/09 DIYの方法
  19 Views

この記事では、円筒錠の特徴と構造、そして交換の際の

取り外し方についてご紹介します。

円筒錠の特徴

一つ目の円筒錠の特徴は、室内側からの施錠、開錠を

プッシュボタンを押して行います。

チューブラ錠がサムターンを回して行うところが、異なるところです。

ノブを回してラッチボルトの出し入れをすることは、

チューブラ錠と同じです。


二つ目の特徴として、ケース本体が円筒形をしています。

チューブラ錠と比べると違いがよく分かります。


ケース本体とラッチが分離している。

上記の写真のようにケース本体とラッチが分離できるようになっています。

この部分が、取り付ける際にやや面倒なところです。

円筒錠の構造

円筒錠の構造は、チューブラ錠よりやや複雑になります。

円筒錠を分解すると下記の写真の部品に分解できます。

室外側ノブはケース本体と一体となっています。

特徴の一つですが、ケース本体とラッチボルトが分離できる

ようになっています。

室内側は、内側から丸座裏金、丸座、ノブで構成されています。

円筒錠の取り外し方

円筒錠の外し方の手順をご紹介しますが、交換のために

新たに円筒錠を購入される場合は、現在の円筒錠の下記の

寸法を確認しておいてください。


円筒錠の交換に必要な確認しておくべき寸法は、ドアの厚み、

フロント幅、フロントの高さ、フロントのビスピッチ、

バックセットの各寸法となります。

円筒錠の外し方の手順は以下のようになります。


① 室内側のノブを外す。

室内側のノブの付け根に小さな円形、又は楕円形の小さな穴があります。

この穴にピンを差し込むと、バネのように沈む部分がある

ので、そこを押しながらノブを引き抜きます。

ピンは購入した円筒錠に付属していますが、ない場合は

千枚通しなどの先が尖ったもので代用できます。

上記が室内側のノブを外したところです。

次に丸座を外します。


② 丸座を外す。

丸座の側面に1か所欠き取った部分があるので、

そこにドライバーなどを差し込んでこじ起して丸座を外す。

上記の写真が、丸座の側面が欠き取られた部分です。

ここにマイナスドライバーの先などを差し込んで、

こじ起こすと簡単に外れます。


③ 丸座裏金を外す。

丸座を外すと丸座裏金が見えます。

丸座裏金は、上下2本の小ネジでケース本体と固定されています。

 

丸座裏金を止めているネジを外して丸座裏金を取り外す。


④室外側のノブを引き抜く。

丸座裏金を止めているネジを外すと、外側のノブの固定も

解除されますので、引き抜いて外します。


⑤ フロントを外す。

最後にドアの前側に付いているフロントを外します。

フロントを取り付けている上下2か所のネジを外して、

フロントを取り外します。

以上で円筒錠の取り外しが完了となります。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeなびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeなびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!